「自律神経失調症・低血糖症(極度のだるさ・疲労感)」西宮市のくまざわ柱整骨院・整体院

くまざわ柱整骨院・整体院

0798-61-1028

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市2-3-18

受付時間/9:00~13:00 16:00~21:00
定休日/水曜午前・日曜・祝日(不定休)
※完全予約制となっております

「自律神経失調症・低血糖症(極度のだるさ・疲労感)」西宮市のくまざわ柱整骨院・整体院

【症例別ブログ】

2021/04/07 「自律神経失調症・低血糖症(極度のだるさ・疲労感)」西宮市のくまざわ柱整骨院・整体院

「自律神経失調症・低血糖症(極度のだるさ・疲労感)」について

 

低血糖症とは、血糖値が下がり、元気がなくなる状態です。

 

原因は、甘いものを食べることです。

 

特に、空腹時に砂糖などの入った甘いものを頻繁に食べると、低血糖症になりやすいのです。

 

 

 

 

 

人間の身体は血糖値が下がるとお腹がすくようになっています。

 

その時に、砂糖のような甘いものを食べると、急激に血糖値が上がります。

 

血糖値が上がると、インシュリンというホルモンを出します。

 

食事は徐々に血糖値があがるので、インシュリンも適量に分泌されますが、沢山出過ぎると、血糖値を下げ過ぎてしまいます。

 

必要以上に血糖値が下がると、

 

☑ 強い疲労感、

☑ 極度のだるさ、

☑ めまい、

☑ 頭痛、

☑ 集中力が低下する、

☑ 心臓がどきどきする、

☑ 不安を感じる、

☑ イライラする

 

などの症状が出ます。

 

 

血糖値が上がると、満腹感や満足感を得て、元気になったような気がしますが、

 

過剰に出たインシュリンにより、血糖値が下がってしまうので、元気がなくなり、

 

また甘いものが食べたくなります。

 

 

そこでまた甘いものを食べると、急激に血糖値が上がります。

 

 

また、

 

疲れている時に甘いものを食べるということは、

 

まやかしの元気をだして頑張り、

 

その後、

 

異常に疲労して疲労してしまうことになります。

 

 

 

また、

 

急激に血糖値が下がると、

 

アドレナリンというホルモンが出ます。

 

 

アドレナリンは血糖値を上げるホルモンですが、

 

交感神経を働かせるホルモンでもあるので、

 

交感神経を過剰に働かせることになるので、

 

症状を悪化させてしまいます。

 

 

すると、

 

異常に攻撃的になったり、

 

異常に不安を感じる不安症になる可能性があるため

 

ご注意ください。

 

 

「自律神経失調症」でお困りの方は

当院にご相談ください。

 

 

【メニューはこちら】
【お電話はこちらより】

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

くまざわ柱整骨院・整体院

【住所】
〒663-8003
兵庫県西宮市上大市2-3-18

【電話番号】
0798-61-1028

【営業時間】
9:00~13:00 16:00~21:00
※水曜・土曜午後は完全予約制

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP