今日は、124年ぶりの2月2日の節分です! 西宮市のくまざわ柱整骨院・整体院

くまざわ柱整骨院・整体院

0798-61-1028

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市2-3-18

受付時間/9:00~13:00 16:00~21:00
定休日/水曜午前・日曜・祝日(不定休)
※完全予約制となっております

今日は、124年ぶりの2月2日の節分です! 西宮市のくまざわ柱整骨院・整体院

スタッフブログ

2021/02/02 今日は、124年ぶりの2月2日の節分です! 西宮市のくまざわ柱整骨院・整体院

西宮市のくまざわ柱整骨院・整体院

院長の熊澤です。

 

今年、2021年の節分は本日の「2月2日」です。

 

 

「節分の日といえば2月3日のはず!」と驚かれる方はとても多いと思いますが、

 

実は節分の日は日付で固定されている訳ではないそうです。

 

 

 

 

節分の日が「2月3日」でなくなるのは1984年2月4日以来で、

 

実に37年ぶりのことだそうです。

 

 

 

「2月2日」になるのは1897年2月2日以来なので、

124年ぶりのことだそうです。
 

 

 

なぜ節分の日が動くのかというと、

 

節分とは、「季節を分ける」という意味の雑節で、

 

本来は各季節の始まりである立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日を指すものだそうです。

 

 

 

 

そのうち立春の前日だけが残り、

 

今の節分の日になったとされています。

 

 

 

つまり、節分は立春の日の前日として決まるのだそうです。

 

 

 

 

 

節分の日がいつになるかを決める「立春」もまた、

 

日付が変動するそうです。

 

 

 

 

 

立春は春分や秋分と同じで、

 

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつだそうです。

 

 

 

 

二十四節気は、

 

1年の太陽の黄道上の動きを24等分して

 

約15日ごとの節気に分け、

 

季節の目安とされていたようです。

 

 

 

 

それぞれの節気は、

 

天候や生き物の様子で表されていたそうです。

 

 

 

 

ではなぜ立春が移るのかといえば、

 

これはうるう年が存在する理由に通じているそうです。

 

 

 

 

「1年といえば365日というのが常識!」と思われがちですが、

 

実は、地球が太陽の周りを回るのには、

 

正確には「約365.2422日(およそ365日と6時間弱)」かかっているので、

 

4年に1度うるう年を設けて調整しているそうです。

 

 

 

 

 

つまり、

 

1年ごとに「365.2422日」と「365日」の差の分だけ、

 

約6時間ずつ遅くなる一方、

 

うるう年には4年前より少し早くなります。

 

 

 

 

このようにして、

 

しばらく2月4日の中に納まっていた立春の日が

 

2021年には2月3日へ移り、

 

これに伴い、

 

節分も立春の日の前日の2月2日になったそうです。

 

 

 

 

 

節分と言えば「鬼は外!」ですが、

 

 

自分の中にある悪いものを外に出して、

 

浄化すると、

 

気持ちも新たに立春から新しい気持ちで一年を過ごせると思います。

 

 

 

今日は思い切って、

 

 

このコロナ禍で溜まった

 

 

ストレスや不安や心配事を

 

 

自分の中から外に出してみませんか!

 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

くまざわ柱整骨院・整体院

【住所】
〒663-8003
兵庫県西宮市上大市2-3-18

【電話番号】
0798-61-1028

【営業時間】
9:00~13:00 16:00~21:00
※水曜・土曜午後は完全予約制

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP