「腸脛靭帯炎」について 西宮・甲東園・門戸厄神の くまざわ柱整体院

くまざわ柱整骨院・整体院

0798-61-1028

〒663-8003 兵庫県西宮市上大市2-3-18

受付時間/9:00~13:00 16:00~21:00
定休日/水曜午前・日曜・祝日(不定休)
※完全予約制となっております

「腸脛靭帯炎」について 西宮・甲東園・門戸厄神の くまざわ柱整体院

【症例別ブログ】,下肢痛,膝痛

2020/01/28 「腸脛靭帯炎」について 西宮・甲東園・門戸厄神の くまざわ柱整体院

くまざわ柱整体院について
詳しく知りたい方は
こちらの【詳細】からご覧ください!

 

 

西宮・甲東園・門戸厄神の
くまざわ柱整体院
院長の熊澤です

 

今回は「腸脛靭帯炎」についてです。

 

 

『腸脛靭帯とは?』

腸脛靭帯は腸骨(骨盤の骨)から大腿筋膜張筋として始まり、

脛骨(スネの骨)の外側に付いている長い靭帯です。

 

大腿筋膜張筋は大殿筋(お尻の筋肉)と繋がっています。

 

 

 

『腸脛靭帯の働きとは?』

腰と膝の結びつきを安定させていて
筋肉が緊張すると硬くなり
大腿の外側を守るプロテクターのような働きをします。

 

 

 

『腸脛靭帯炎とは?』

ランニングや自転車などの膝の屈伸をくり返すと、
腸脛靭帯が大腿外側上顆(太ももの骨)の隆起している上を移動するので
摩擦が起こり、腸脛靭帯が炎症を起こしてなります。

 

他の原因としては…

◎オーバートレーニング・オーバーユース(使いすぎ)
◎硬い地面を走る
◎硬い靴で走る
◎急に長距離を走る
◎間違ったフォーム
◎スピード練習でストライドを広げる
◎山登り
◎足関節捻挫の後遺症
◎筋肉の柔軟性が不足している
◎股関節・膝関節周囲の筋力低下
◎筋力低下
◎左右の重心移動が大きい
◎O脚・内反膝・回内足

等が挙げられます。

 

 

 

『腸脛靭帯炎の特徴』
◎一定距離を走ると痛みが出る
◎下り坂を走る時に痛みが増す

 

 

『腸脛靭帯炎の対処法』

腸脛靭帯炎は関節のバランスの悪化や筋力低下が原因で起こっているので
筋肉を緩めるだけでは改善しません。
そのため全身を診ていくことが必要です。

全身の働きの改善や下肢の筋肉の状態や筋力をもとに戻すためには
リハビリも必要です。

 

 

 

腸脛靭帯炎でお困りの方は

西宮・甲東園・門戸厄神の
くまざわ柱整体院に
ご相談下さい

【メニューはこちら】
【お電話はこちらより】

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

くまざわ柱整骨院・整体院

【住所】
〒663-8003
兵庫県西宮市上大市2-3-18

【電話番号】
0798-61-1028

【営業時間】
9:00~13:00 16:00~21:00
※水曜・土曜午後は完全予約制

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP